朝ドラまんぷく9話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく9話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

咲の病状を聞くため、家族は病院へ行きます。

医者の説明によると病状は進んでおり、治るとははっきり言えないとのこと。

どうして症状に気づかなかったのか、咲を問い詰める母を福子と克子は諫めます。

母はいつものように自分は武士の娘だからと強がっていましたが、病室を出てすぐ心配から崩れ落ちるのでした。

何も知らない萬平は、仕事で福子の勤務先を訪れます。

デートの約束を尋ねますが、しばらく会えないと言われてしまいます。

福子は同僚の保科に、きちんと説明した方がいいとアドバイスされ、咲の結核について萬平に告げます。

心配した萬平は、福子に自分でも色々調べてみると言い、加地谷に結核専門医を知っていたら教えてほしいと頼みます。

また、かつて咲に結婚を申し込んだ牧は結核に効く漢方を渡しに今井家へ訪れ、克子の夫の忠彦は咲への心配を絵筆に込めます。

母は福子が萬平と会っていることに不満を言い、またしてもお見合いを口にするので福子と言い争いになります。

ある雪の夜、萬平が結核専門医がいる病院を調べて今井家へやってきました。

もう娘とは会わないでほしい言う福子の母に、萬平はそれは出来ないと、咲の病状が良くなったら福子に結婚を申し込むと宣言するのでした。

 

まんぷく9話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

悪い人ではないけれど癖が強い、そんな面倒くさい母親、鈴さんのキャストが松坂慶子さんで良かったなと実感する回でした。

お母さん、咲姉ちゃんの病気を心配しているのに「なぜもっと早く気づかなかったのか」と責めてしまったり、小野塚さん本人には何も言わず、後で家でぐちぐちと「やっぱり冷たい」と文句を言ったり、娘たちに男運がないと嘆いたりします。

萬平さんとのことも、福ちゃんの話を聞くこともなく反対しており、お母さんの価値観の中に当てはまらない相手は、最初から断固許さないといった構え。

このお母さん役ですが、もっとキツい雰囲気で演じられたら朝からギスギスした空気になったと思うんですよ。

松坂慶子さんのふんわりゆったりした演技のおかげで、面倒くさいけど憎めない、ちょっと可愛いお母さんになった気がします。

萬平さんとのことも「許しませんよ!」とは言ってますが、その口調が若干ふんわりしているせいで、最終的には押し負けそうな気がしてくるというか、ぐだぐだ文句いっぱい並べても、結局は許してくれそうな人の良さが垣間見えます。

そして今回のラスト「お察し下さい」と萬平さんを牽制するシーン、察するどころか「それはできません!」とかえって萬平さんの株を上げてしまったところ、もう勝負は見えてますね。

そしてそして!福ちゃんは今日の萬平さんに恋したなと確信しました!

お母さんにきっぱり言いきって、福ちゃんに「任せて」と言わんばかりに強く肯いた萬平さんを見る表情と、背中を見つめるその瞳は、昨日までのウキウキしたものではなく、あきらかにときめきの眼差しでした。

でもそうなってしまうのも致しかない、本日の萬平さんのかっこよさ!

言い返すよりも空気を読んで一旦退いてしまうかと思いきや、お母さんの背後にいる福ちゃんの表情を「察して」逆に強く出るという、男らしさを見せてくれました。

萬平さんはあまり強く出たり出来ない系の人かと思いきや、やる時はやる男なのだと、新たな魅力を視聴者に見せつけてくれましたね。

福ちゃんへの愛を突き進む萬平さん、明日はどんな顔を見せてくれるのか!?

明日も楽しみです!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す