朝ドラまんぷく11話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく11話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

咲の病院から戻った克子と福子は、鈴に咲の病状を話します。

 

鈴は二人の話を信じず、認めないと頑なに首を横に振るのでした。

 

萬平と加地谷のぎこちない空気に社員も気づき、何かあったのか訊いてきますが、萬平は何も答えません。

 

そんな時世良から昼食に呼び出され、会話のなかで物資を横流ししている人間の話を聞くのでした。

 

福子は、咲が心配で仕事中も元気がありません。

 

同僚の保科から姉と萬平について訊かれても、あいまいな返事しか返せません。

 

そんななか福子に想いを寄せていた野呂と、咲に想いを寄せていた牧が同時に保科にアプローチをはじめ、保科は困惑するのでした。

 

鈴は朝から咲の病室へ行き、甲斐甲斐しく世話をします。

 

病は気からなので、母の自分が傍にいるときっと良くなるはずと言い切ります。

 

鈴は夕飯を食べながら、萬平が紹介した医者はヤブ医者だろう、咲のために毎日病院に通うと福子に話していると、電報が来て、そこには咲が危篤であると書かれてました。

 

急いで病院へ向かうと、咲は意識もない状態でした。

 

何度も名前を呼び掛けて、やっと朦朧とした意識のなかで、咲は家族に「ごめんなさい」「ありがとうと」告げて亡くなりました。

 

その数日後、福子は萬平に姉が亡くなったことを伝え、病院を紹介してくれたお礼を言ってその場を立ち去るのでした。

 

まんぷく11話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

咲姉ちゃんがお亡くなりになってしまいましたね……。

 

そんな予感はしていて、おそらくそうなってしまうだろうとは思って覚悟もしていたのですが、いざ亡くなるシーンを見ると涙が止まりませんでした。

 

咲姉ちゃん、福ちゃんのワンピースを買ってあげるシーンで、本人よりも嬉しそうに生地を選んでたり、お母さんのことが心配で結婚をやめようとしたり、自分よりも家族を優先してきた優しい人なので、こんな結末は悲しすぎます。

 

お父さんが亡くなってから今井家の大黒柱だった咲姉ちゃん。

 

孝行娘でしっかり者の優しい姉は、最後まで「ごめんなさい」と言って、他人を思いながら亡くなりました。

 

お母さんが「つめたい」と言ってた小野塚さんが、泣きながら咲姉ちゃんの名前を何度も呼び、手を握っていたところがとても泣けました。

 

あまり感情を顔に出すタイプではない小野塚さんが、あんなに泣いている姿は、本人の堪え切れるキャパシティを越えてしまったのではないかと思います。

 

福ちゃんが咲姉ちゃんと泣きながら呼ぶシーンも「信じられない」というものからじわじわ死を実感していくトーンへ変化していき、表情と涙も、感情がしっかり読みとれて、安藤サクラさんの演技力が凄かったです。

 

ラスト、萬平さんに姉の死を伝えに行く場面。

 

桜が舞う美しいシーンなのですが、福ちゃんの表情は硬く、言葉には出さなくても萬平さんとの関係を終わりにしようとしているのを感じました。

 

想像ですが、咲姉ちゃんの死で悲しむお母さんを、これ以上悲しませたくないのではないのでしょうか。

 

萬平さんもうっすら悟ったように福ちゃんの後ろ姿を見送っており、その視線はいつもより鋭さを感じました。

 

はっきりとした別れの言葉がなかったのが救いですが、切なくもあります。

 

二人はこれからどうなっていくのでしょうか。

 

そして、仕事関係でも少し不穏な影が忍び寄ってる気がする萬平さん。

 

世良さんの話していた横流しの件がちょっと気になりますね……。

 

教えてくれた世良さんも胡散臭いので、なぜそんな話を急にしたのか、裏があるんじゃないかと、うがった見方をついしてしまいます。

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す