朝ドラまんぷく13話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく13話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

萬平は無実を叫びながら憲兵に捕まります。

 

福子は追いかけますがどうしようも出来ません。

 

加地谷も萬平の件で会社を立て直すことが精いっぱいで、福子の話を聞く暇もありません。

 

萬平のことが心配で何も手につかない状態の福子を鈴は心配し、咲の死を引きずっているのだろうと思います。

 

保科は野呂と牧の両方に告白されどうしたらいいか悩み、福子に相談しますが、福子が上の空なので怒ってしまいます。

 

誰にも相談できず、けれど萬平が横流しをしたとは信じられない福子。

 

悩む福子のもとに友人の敏子とハナが現れ、やっと誰かに相談できた福子は泣いてしまいます。

 

憲兵に捕まった萬平は身に覚えのない罪で拷問を受けていました。

 

殴られながらも無実を訴えますが、誰にも信じてもらえません。

 

牢屋に入れられ、萬平は涙するのでした。

 

萬平さんが捕まって、ハラハラな幕開け。

 

衝撃な展開が続きます。

 

まんぷく13話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

萬平さんのモデルとなってる安藤百福さんも横流しで憲兵に捕まり拷問を受けたことがあるので、この辺は史実通りですね。

 

それにしても憲兵に殴られて無実を訴える萬平さんが、本当に痛々しい……。 長谷川博己さんの苦しそうな演技が上手なだけに、見ていて辛いです。

 

萬平さんが捕まったことに戸惑い、その理由を聞いても信じられない福ちゃん。 誰かに喜んでもらいたいと、夢を語った萬平を思い出し「あの人がそんなことをするはずがない」と言い切る福ちゃんが、いじらしいです。

 

上の空の福ちゃんを見て、お母さんは咲姉ちゃんのことを引きずってると思い、保科さんは自分の悩みで手一杯。

 

内容も内容なので誰にも相談できないのもつらいですよね。

それでも仕事はちゃんとするし、保科さんの相談にもそれほど興味ないだろうに一応乗ってあげる福ちゃんが本当にいい子すぎて、胸が痛いです。

 

保科さんも二人の男性に言い寄られて余裕がなくなっているのが分かります。

にしても保科さん、そんなに綺麗で色っぽいの誰とも付き合ったことないのは驚きです。

 

きっと高嶺の花扱いされて声をかけられることが出来なかったんでしょう。

野呂さんは福ちゃんとのことで保科さんと話す機会が増えて、見た目のハードルが下がって話しかけやすくなったのかもしれませんし、牧さんは咲姉ちゃんのことを思えばおそらく面食い……。

 

野呂さんが相手は歯医者だし……と凹んでましたが、3年せっせと缶詰めを貢いでいた野呂さんの一途さも十分魅力だと思いますので、頑張ってほしいですね。

そして誰にも相談できないでいた福ちゃんが、学生時代の友人を見てほろほろ泣いてしまう場面にジーンときました。

 

福ちゃんにああいう涙を見せることができる友人がいて、本当に良かった。

持つべきものは心を許せる友達ですね。

 

敏ちゃんもハナちゃんも、捕まった萬平さんを悪く言うことなく、心から友達の悲しみを慰めてあげたいというのが分かり、福ちゃんの周囲が優しいものであるのが分かります。

萬平さんはこれからどうなっていくのか心配ですが、あの牢屋にいた牢名主みたいな方が気になりますね。

 

あの人が今後萬平さんとどう関わっていくのか、そして萬平さんはいつ解放されるのか……。

福ちゃんはひたすら待ち続けるのか、それとも何か行動に起こすのか。

明日の展開が待ちきれないですね!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す