朝ドラまんぷく16話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく16話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

鈴の夢に亡くなった咲が出て、福子が萬平を好きなのは同情と混同しているからだと告げます。

鈴はそれを福子に言いますが、福子は咲がそんなことを言うはずがないと相手にしません。

 

克子にも咲からのお告げだと訴えますが、克子も夢の話として本気で受け取りません。

鈴は福子がなぜ萬平を想うのか理解できませんが、忠彦に自分たちは福子の味方だと宣言されます。

 

福子の友達もみんな福子を心配してしており、福子が悪い人を好きになるはずがないと。

克子と忠彦に説得されても、鈴は嫌だと首を振るのでした。

 

福子のホテルに大阪商工会の重鎮、三田村が来ました。

なんとか萬平の事を助けてくれないか頼もうと福子は交渉します。

 

三田村は困りながらも承諾し、その場に居合わせた世良が憲兵との交渉に立候補します。

世良は加地谷が留守の会社を狙い、竹ノ原に会いに行き、何か知っているのではと訊くのでした。

 

萬平は食事を摂るようになりましたが、無実を訴えるのは変わりません。

そんななか、牢で励ましてくれた稲村が無罪で出られることになり、萬平は共に喜びます。

 

稲村は泣きだながら、萬平も出所できることを願うのでした。

 

まんぷく16話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

ほんの少し光が見えてきた回でしたね!

大阪商工会の重鎮、三田村会長にお願いしに行くのはちょっとびっくりしましたが、なんとか上手くいってホッとしました。

 

面識もない人間にお願いするって、なかなか難しいと思うのですが、福ちゃんの交渉が上手なので三田村会長も乗ってくれたという感じですかね。

 

福ちゃん、いきなり萬平さんのことを持ち出すでもなく、新聞を読む三田村会長に気になる記事を聞く、髪を整えてあげる、で会長の懐にスッと入り込んでから、じわじわ萬平さんについて切り出していく流れが福ちゃんの頭の良さが出てました。

 

こういうお願いシーンはちょっと間違えると不躾なヒロインとして反感買いますからね。

そして世良さんが回を重ねるごとに魅力が増してきて、胡散臭さもあるけど情も捨てきれない、頼もしい人に見えてきます。

 

三田村会長にいいとこ見せたいだけですね、と福ちゃんにツッコまれてましたが、それだけじゃないと思うんですがどうですかね。

竹ノ原くんを問い詰める時、何か知ってそうな雰囲気でしたが……うーん、気になります。

 

ところでお母さんの夢枕に咲姉ちゃんが立ちましたが、あまりにもお母さんの願望そのままで笑いました。

今まで故人が夢枕に立つとヒロインに都合のいい説得なんかが多いのですが、本当に「夢」としか扱われず、ある意味斬新でしたね。

 

それはそうと忠彦さんが今回急に覚醒してびっくりしました。

今までは妻の話を聞いてあげるという雰囲気でしたが、今日は自分からお母さんを説得しに行ってましたね。

 

芸術家でいざとなったら男らしさも見せる、そんな忠彦さんに寄り添う克子姉ちゃんは見る目があります。

萬平さんは生きることが福ちゃんと会うこと、だから落ちたご飯も食べて生きようとする。

 

けれど根は腐らず、他人の喜びを心から祝福してあげられる、優しい人。 福ちゃんが悪い人を好きになるはずがないと、皆が口を揃えて言いますが、本当にそうだと思います。

 

さて、少しずつですが明るい兆しも見えてきたので、明日あたり動きがあるのではないでしょうか。

本当に、心から福ちゃんと萬平さんを会わせてあげたいです!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す