朝ドラまんぷく18話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく18話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

毎日萬平のもとへ通う福子に、鈴は面白くありません。

体調も戻りつつある萬平は福子に、逮捕される前に福子が言おうとしていた言葉を訊きます。

 

福子は萬平が好きですと告げ、それを聞いた萬平は福子に結婚を申し込みます。

福子は結婚したいが、やはり母の許しが欲しいと伝えるのでした。

 

結婚について福子は友人たちに相談します。

皆、応援してくれますが今後について心配してくれます。

 

克子の家で結婚の相談をすると、忠彦に召集令状が来たことを知ります。

忠彦は家族の絵を描きながら、克子がいてくれて幸せだったこと、福子も萬平と幸せになっていいことを話すのでした。

 

そんななか、出征する小野塚が鈴に挨拶に来ました。

そこで咲と結婚できたのは、自分にとって最高の幸せだったと告げ、それを聞いた鈴は心を動かされます。

 

萬平は鈴に福子との結婚を許してもらうため、今井家へ行きます。

鈴は、自分が反対をしたら結婚を止めるのか訊くと、萬平も福子も「許してもらう為、何度でも来ます」と返事し、それなら反対しても意味はないとため息をつきます。

 

それでも応援してもらいたいからという福子に折れ、鈴は萬平との結婚を認めることにします。

福子の勤めるホテルで、親しい人に祝われるなか、萬平と福子は結婚式を行うのでした。

 

まんぷく18話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

咲姉ちゃんの死やお母さんの反対、憲兵に捕まったりと色々ありましたが萬平さんと福ちゃんがやっと夫婦になりました。

おめでとうございます! これからもっと波乱万丈になるとのことですが、ひとまずは良かった。

 

色々あったとしても、この二人なら乗り越えていけるでしょうし、心から応援したいと思える夫婦です。

ただ時代は戦争の影がどんどん濃くなっており、小野塚さんや竹ノ原さんだけでなく忠彦さんにも召集令状が来てしまいました。

 

萬平さんにもいつか来るでしょうと、お母さんが言っていた通り、この時代に軍に召集されることは珍しいことではなく、生活に当たり前にあった事実なのだと思います。

 

ただ萬平さんは拷問で体を壊していますし(今日も歩く時に杖をついてました)身体検査で不合格になりそうな気も……どうなんでしょうか。

忠彦さんが入隊するまでにと家族の絵を描いているのが切ないですね。

 

いつも鳥や景色の絵ばかり描いているイメージでしたが、家族の絵、克子を中心とした子供たちの絵です。

優しい絵でしたが、これは普段こんな風に家族を見ていた忠彦さんの視点なのでしょう。

 

そう思うとなんだか泣きそうにもなります。

忠彦さんが兵隊となって戦う姿が想像できませんが、戦死などせず無事に帰ってきて欲しいです。

 

小野塚さんが出征前に今井家に寄り、お母さんに挨拶をされていましたが、福ちゃんだけでなくお母さんの背中も押してあげたことになりますね。

あの「咲と結婚したのは自分にとって最高の幸せだった」という言葉は、間違いなくお母さんの胸を打ったのでしょう。

 

大切な娘を亡くしたけれど、その娘を今も想ってくれる人がいるというのは、母親として救われる気持ちだと思います。

そんな小野塚さんの姿を見たからこそ、大事なのは娘を本気で想ってくれる相手なのだと分かったのでしょう。

 

色々考えるところもあったのでしょうが、それでも気持ち良く認めてあげると言ってくれたのは、娘を思う母の愛だと思います。

最後にニッコリ笑った松坂慶子さんがとても綺麗で、その晴れやかな笑顔に見ているこちらもホッとしました。

 

来週はさらに戦争色が濃くなりそうな気配……親しい人たちも心配です。

新婚夫婦のこれからも、心配ですが同時に楽しみでもあります。

次はどんな展開が待っているのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す