朝ドラまんぷく22話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく22話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

疎開してきてから1カ月。

福子らは疎開先での生活に慣れてきました。

 

萬平は家事を手伝おうとするも断られ、休んでいるよう言われますが、暇なことが耐えきれず山に散歩に行きます。

散歩の途中、村の子供たちが川で魚を獲っているのを見つけ、一緒に獲りますが、動きの素早い魚を捕まえるのは簡単ではありません。

 

萬平はふと思い立ち、子供らにまた明日川へ来るよう言います。

次の日、怪訝な子供たちの前で、萬平は電柱から電気を取り、川に電気を流し大量の魚を獲ることに成功しました。

 

大喜びする子供たちとともに帰り、福子と鈴に大漁を報告します。

鈴は川魚は好きではないと文句を言いながらも、新鮮な川魚は別と美味しそうに食べ、和やかな夕飯を過ごします。

 

そんな時、村役場の人が現れ、川に電気を流したことを注意されます。

福子が謝るも、萬平は頑なに頭を下げません。

 

見かねた鈴が頭を下げますが、家の電気のことも気づかれ、村役場の人と言い争いになってしまうのでした。

 

まんぷく22話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

戦時中とは思えない穏やかな日々を過ごしている、萬平さんと福ちゃんです。

相変わらずお母さんは萬平さんに批判的ですが、小競り合いしながらも仲良くやってるのがいいですね。

 

今日は萬平さんがお母さんに言い返したりして、少しずつ家族になっていってる気がしました。

それでも二人の間に挟まれる福ちゃんは大変そうですが。

 

昨日につづき今日も電気ネタで、今日は川に電気を流して魚を獲るという萬平さんのワイルドさを見せてくれた回でした。

実際に電気を流して漁をする「ビリ漁」というのがあるそうですが、現在は危険性などから原則禁止になっているそうです。

 

昨日の盗電といい、ちょっとこれは大丈夫なんだろうか……と心配になっていたところで、村役場の人が来て怒られていました。

盗電については、ゆるい時代だからそれほど問題にならないのかと思っていましたが、そこはやっぱり駄目だったようですね。

 

でも役場の人に「見逃して」とお願いする福ちゃんと「電気がないと困るじゃないですか」という萬平さんとお母さんが、まるでコントのように息ピッタリで面白かったです。

萬平さん、お母さんも言ってましたが「じっとしていられない」人なんでしょうね。

 

モデルの安藤百福さんもお年を召しても常に新しいことにチャレンジする方だったようなので、萬平さんのヤンチャぶりも仕方ないことなのかも。

子供たちと一緒に川に電気流すのはやりすぎでしょうけど。

 

きっといつも「もっといい方法はないか」を考えちゃうんでしょうね。

家事を手伝えないか訊いてましたが、逆に手伝ってもらうと新たな発明をしそうな気もするので、それはそれで良いのかも……いえ、大変かもしれません。

 

それにしても長谷川博己さんの演じる萬平さんが、回を重ねるごとに新たな魅力で視聴者を惹きつけてくれるので飽きないです。

恋に不器用な初々しさを見せてくれたと思ったら、信念を曲げない男らしさを見せ、今週の疎開先編では融通のきかなさや、興味をもったことには一直線という理系男子っぷりも見せてくれています。

 

萬平さん、ずっといい人ぶりが強調されてましたが、じわじわアクの強さが出てきましたね。

疎開先編、最後に克子姉ちゃんが「せやけど、楽しそうやない」と言ってましたが、ほんとに楽しそう。

 

戦時中の描写はしんどくなるのは仕方ないのですが、毎朝それを見るのはキツいですから。

このまま終戦を迎えて欲しいと思ってしまいますが、明日以降の展開はどうなるんでしょう。気になりますね!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す