朝ドラまんぷく23話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく23話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

昭和20年春。戦況はどんどん厳しくなっていきます。

疎開して体力が回復しつつある萬平は福子と山菜を採りに出かけます。

 

仲が良い二人を八重たちは微笑ましく受け止めてますが、鈴は大の男が戦争も行かずに……と苦言を漏らします。

そんな時、2回目の召集令状が萬平に届きました。

 

戦争は敗色が濃厚なことを感じていた福子は、召集されることを嘆きます。

鈴は今度も身体検査で落とされないように言い、萬平は肯きます。

 

その夜、鈴の夢に咲が出て、萬平が戦死したら今度こそ堅気の人と福子を結婚させられるわね、と言われ鈴は目が覚めます。

そして福子は萬平の出征を思い眠れぬ夜を過ごしますが、その翌朝、萬平の苦しむ声で目覚めます。

 

急な腹痛で熱もあるのを確認した福子は急いで医者を呼びに走りますが、医者は山一つ越えなけれないません。

苦しむ萬平に仮病の疑いをかける鈴でしたが、八重たちの様子で本当に病気だと知り動揺します。

 

村人が入れ換わり萬平の様子を見る中、福子が医者を連れてきました。

診察の結果、腹膜炎の可能性があるとのこと。

 

それを聞いた鈴は神社にお百度参りをし、福子は眠る萬平を見つめながら、心配で涙を流すのでした。

 

まんぷく23話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

萬平さんに2回目の赤紙が来てしまいました。

当時1回目に健康に問題アリで落とされた人も、2回目に召集されて体が回復していたら合格となり入隊していたそうです。

 

戦争も後半になるにつれて審査も甘くなっていたとのこと。

でも福ちゃんの言うように敗色が濃厚なこの時期に戦地に行くのは死にに行くのと同じで、見送る側もつらいですよね。

 

お母さんが、いつも「大の男が戦争にいかないで」と萬平さんを責めていましたが、いざとなると元気がなくなり、夢の咲姉ちゃんに黒い本音を言いあてられ動揺していました。

萬平さんが腹痛で苦しんでる時に「仮病なの?」と訊いたのは、自分が咲姉ちゃんの結婚前に仮病を使ってたからでしょうね。

 

お母さん、身に覚えがあるから他人も同じことをすると思ってしまうお粗末さと、想像していたよりも深刻な事態におののき神社にお百度踏む行動力が、なんとも憎めません。

それにしても、コントみたいに笑いにしてますけど無医村の恐ろしさを感じる回でした。

 

大きな病気に罹っても、あんな離れた場所にしか病院がないと、わざわざ呼びに行くのも大変ですよね。

皆、自分の時はああだったこうだったと予想でしか言えないですし、待っている間何も出来ない不安が伝わってきました。

 

お医者さん、サラッと憲兵の拷問について村人の前で言ってましたが大丈夫なんですかね。

翌日から萬平さん村八分にされたりしませんかね?ちょっと心配になりました。

 

そして萬平さん、腹膜炎かもしれないと言われてましたが、原因は拷問の後遺症と関係あるのでしょうか、もしかしたら山菜採りで毒性のある草を食べてしまった可能性もありますね。

どちらにしても早く良くなって欲しいですが、良くなると戦争に行ってしまう心配もあるのでそれも困ります。

 

福ちゃんが眠る萬平さんを見つめながらスッと涙を落とすシーン、色んな心配が溢れてきたようで胸を打ちました。

明日の放送では萬平さん良くなっているのでしょうか。

気になりますね。

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す