朝ドラまんぷく24話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく24話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

萬平のために鈴はお百度参りをし、福子は寝ずの看病をします。

その甲斐があって萬平の体は命の危機を乗り越えます。

 

けれど医者から1,2カ月は安静にしているよう言われるのでした。

召集令状が来ていたので入隊はしましたが、やはり身体検査で落とされてしまい、1日で帰ってきてしまう萬平さん。

 

あからさまにため息をつく鈴を窘める福子。

福子は元気がない萬平を散歩に誘います。

村を歩いていると八重たち夫婦と川魚を一緒に獲った子供たちと出会い、皆は萬平の体調が回復したのを喜びます。

 

その時、子供たちの一人が異変を感じ空を見ると、米軍の戦闘機が向かってくるのが見えました。

急いで物影に隠れると、戦闘機は銃撃をして去っていきました。

 

それぞれ無事を確認していると鈴が音を聞いて慌てて現れ何が起こったのか訊きます。

福子が説明しようとした時、突然萬平が崩れ落ち、叫びます。

 

戦争にもいけず働くこともできない己の不甲斐なさに、萬平は嗚咽し、福子と鈴に謝ります。

福子は萬平には生きていて欲しい、戦争に行けなくてもお国の役には立てると力強く励ますのでした。

 

まんぷく24話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

萬平さんが無事に回復して本当に良かったです。

福ちゃんの献身的な看病のおかげでしょうが、萬平さんの夢の話を聞くと、お母さんのお百度参りのおかげもありそうですね。

 

お母さん、お百度参りを福ちゃんのためと言ってましたが、そう自分に言い聞かせているだけな気も。

本心は萬平さんを心配しているんでしょうが、面倒くさい人なので素直にそれを認められないんでしょうね。

 

萬平さん、2度目の召集も体調不良で駄目になってしまいました。

当時の若い男性が戦争に行けないということは、本当に悔しいことなのでしょう。

 

萬平さんの最後の叫びでそれが強く表現されて、泣いてしまいました。

あんな田舎に敵機が来て、遊ばれるように銃撃されて大切なひとたちに怖い思いをさせても、自分に何も出来ることがない。

 

あの叫びは心からの悔しさなのでしょう。

不甲斐なさに絶望してしまう萬平さんを救ったのが福ちゃんの「戦争に行かなくても出来ることはある」という言葉です。

 

生きて欲しいという言葉よりも、出来ることはあるという言葉の方が萬平さんには希望が見えたのではないでしょうか。

立ちあがり、福ちゃんに寄り添った萬平さんは崩れ落ちた時のような弱弱しさは感じられませんでした。

 

それはそうと、銃撃シーンの迫力に驚きましたね。

それまでののどかな空気が一変して一気に緊迫感のあるシーンにハッとさせられましたし、こんな田舎にまで敵機が来るほど戦況は深刻なのだと理解しました。

 

当時、米軍の戦闘機が気まぐれで機銃掃射するのは珍しいことではなかったそうです。

萬平さんが咄嗟に「隠れろ!」と叫んだので物影に隠れることが出来ましたが、1人別の場所に隠れてた子が「いない!」となった時はゾッとしました。

 

怖かったです。

「まんぷく」の戦争は、日常の描写が強く出ているため「この世界の片隅に」を彷彿とするリアルな恐ろしさがありますね。

この戦争が福ちゃんと萬平さん、そして二人を取り巻く人々にどう影響していくのでしょうか。

 

早く戦争は終わって欲しいのですが、疎開先の上郡の人たちが皆いい人ばかりなのでお別れを思うと悲しいです。

 

スポンサードリンク

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す