朝ドラまんぷく27話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく27話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

萬平が発案したハンコを作って売る商売は、予想通り大繁盛。

みんな自分を証明するものが必要だったので、注文が途切れることはありません。

 

萬平や鈴や克子、一家でハンコ作りに忙しく、おかげで生活の苦しさは改善されてきました。

そんな時福子は、子供たちの寝顔を見ながら泣いている克子に気づきます。

 

克子は帰ってこない忠彦を思い、泣いていたのです。

福子は克子を励ましますが、その話を聞いた鈴に気安く励ますのはいけないと注意されます。

 

萬平が福子を庇うと、鈴はまたしても子作りについてどうするのかと二人を問い詰めるのでした。

福子はハンコの注文を取っていると、そのお客のなかに友人の敏子がいるのに気づき、再会を喜びます。

 

敏子は結婚しており、まだ会えていないハナも同じく戦時中に結婚したとのことでした。

ハンコを売るのは好調ですが、ハンコを作るのに皆疲れが出てきます。

 

黙々と作業する家族を心配し、福子は作業中に言葉遊びをしようと誘います。

みんなで言葉遊びをしていると、疲れた空気も消え、楽しい空気になっていきました。

 

そんな時、夜みんなが寝静まったのを見計らったように、不審者が家の鍵を開けるのでした。

 

スポンサードリンク

 

まんぷく27話の感想とキャストについて

 

皆の生活に潤いが出てきたようで何よりですね!

萬平さんの行動力もそうですが、家族全員でハンコ作りの役割分担しているのが面白いです。

 

てっきり萬平さん一人で作るのかと思いきや、福ちゃんや子供たちが注文を取り、お母さんが墨で文字を書き、克子姉ちゃんが荒く掘り、萬平さんが細かく仕上げという流れ作業で出来るようになっており、感心しました。

 

福ちゃんはホテルのフロントにいたこともあり接客業は慣れているでしょうし、度胸もあるので注文バンバン取ってきそうです。

お金も貯まってきたようなので、これで何かを売ったりせずに生活出来そうで良かったですね。

 

仲良しだった敏ちゃんとの再会も果たし、少しずつ日常が戻ってきた感じがしてきました。

ただ、克子姉ちゃんの心配はまだ解消されないようで、心配です。 忠彦さんはいつ帰って来るんでしょうね、同じく戦争に行っていた敏ちゃんの旦那さんは帰ってきたようですが……。

 

福ちゃんの言ったように船を待っているだけならいいのですが、抑留されてたりしたらと嫌な方向でも考えてしまって辛いので、早く帰ってきて下さい。

ところでハンコ作りに忙しいのに、お母さんはまだ孫産め攻撃しているのですね。

 

しかも同じ部屋で『作れ』と言われても……さすがにハードル高いですよ。

それをツッコまれたら拗ねて部屋から出て行き、忠彦さんのアトリエで寝始めましたが。

 

福ちゃんも萬平さんも子供は欲しいのでしょうけど、まだ生活が不安定な時期に作っても大変ですからね。

まずは萬平さんの言うように自分たちの家で住めるようになってからがいいと思います。

 

そして福ちゃん発案の二文字目が「っ」で最後が「り」で終わることば遊び、気分転換にはいいですね!

ただ作業の手は止まっちゃうみたいだったので、休憩の時にやった方がいい気もしますが。

 

ところで最後に不審者が入って来ましたが、あれは誰なのでしょうか……まさか忠彦さん?

靴が軍靴っぽい気もしたので可能性はゼロではないでしょうが、みんなが寝静まってから泥棒みたいに入る必要はないですよね。

 

いったい誰なんでしょうか……気になります!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す