朝ドラまんぷく4話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく第3話のあらすじネタバレ!

入社して一カ月、福子は電話交換手からフロント係になり、失敗しつつも充実した生活を送っています。

今井家も咲の結婚式が近付き、結婚指輪の話や克子の夫で画家の忠彦がお祝いに絵を描いてくれることになったりと、幸せに沸いているのでした。

そんな時福子は友達の敏子から教えてもらい、萬平のいるたちばな工房を訪れることに。

幻灯機に感動し、咲の結婚式に貸してほしいとお願いします。

結婚式当日、萬平たちが幻灯機の準備に手間取る間、福子は結婚をお祝いするスピーチを始め、咲と小野塚の結婚を本当に喜んでいること、ずっと家族を支えてくれた姉にこれから幸せになってほしいことを話し、会場の人々の胸を熱くさせます。

そうして幻灯機が映す、新郎新婦の写真に、みな涙を流し感動するのでした。

萬平は姉を想いながら温かいスピーチする福子に見惚れ、そして自分が作った幻灯機が皆を感動させたことに満足し、福子の謝礼も貰わず、逆にお礼をして軽快な足取りで帰るのでした。

 

スポンサードリンク

 

まんぷく第3話の感想!

今回のお話は感動的でしたね。

といってもシナリオで意図的に泣かせにきてるわけではなく、福ちゃんとその周囲の人々の温かさや、福ちゃんの人柄にじんわりと目頭が熱くなってくる感じです。

結婚前夜、咲がお母さんの元へ挨拶する時、父亡き後家族を支えていた彼女が泣きながらお母さんに抱きつくシーンは、普段しっかり者の咲が小さな子供へと戻ったように見えました。

そして大好きなお姉さんへのお祝いスピーチをした福ちゃん。

咲が昔からモテていたこと、デートの時は自分がついて行ったこと、小野塚さんとのデートでは「この人と結ばれてほしい」と願ったこと、ずっと苦労していたお姉さんの幸せを心から願っていること。

ひとつひとつ、懐かしむように話す福ちゃんが、とてもいじらしく、見ていて優しい気持ちになりました。

あんなスピーチ聴いたら、萬平さんが見惚れてしまうのも分かります!

スピーチの間、幻灯機の準備をしながら福ちゃんに目を奪われ、優しそうにほほ笑む萬平さんがとにかく素敵でした。

そして自分の作ったものが人を感動させることに、あんなに嬉しそうな足取りで階段を降りていく萬平さん。

福ちゃんの謝礼を断り、キラキラした目で逆に「ありがとう」を言う萬平さん。

「まんぷく」スタートしてから萬平さんはほぼ沈んだ顔や無理してる顔しか見せていないので、今回の話で萬平さんの魅力が視聴者にグッと伝わったのでは。

萬平さん、加地谷さんに幻灯機の貸出料もらうように言われたのに結局もらわずに帰ってしまいましたが、帰ったら怒られるんでしょうか。

ちょっと心配ですけど、それも分かって謝礼を断った気がします。

ところで、萬平さんと福ちゃんの出会いが意外とあっさりでしたね。

もっと運命的な出会いになるものかと思いきや、わりと普通に出会って会話してて……。

実は少し肩透かしをくらった気分でしたが、あの結婚式での二人の様子を見て、この二人は雷に打たれるような恋愛ではなく、自然に惹かれあっていくのが似合うなと感じました。

そして一番良かったのは、ナレーションがそんな二人を台無しにすることなく、惹かれ合う二人の瞬間を映像だけで見せてくれたことです。

あそこで例えば「運命の出会いでした」とナレーションで言われると、申し訳ないけどちょっと興ざめだったかなと。

萬平さんの福ちゃんを見つめた瞳と、萬平さんの後姿を見つめる福ちゃんの瞳が、言葉はいらずに恋の始まりを物語っていた気がします。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す