朝ドラまんぷく6話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく6話のあらすじネタバレ!

体調が悪い姉、咲の見舞いに行った福子。

風邪だと言われホッとする福子に、咲はお休みの日に来てくれたことへのお礼と、そのお休みの日に一緒に出かける男性はいないのか訊きます。

そんな相手はいないと告げる福子の脳裏に、一瞬ですが萬平が浮かびます。

体調不良の咲を気づかう小野塚と、夫婦の仲の良さに憧れつつ福子が自宅へ帰ると、そこには以前咲に恋心を抱いていた牧善之介(浜野 謙太)がいました。牧は咲が結婚したことにショックを受け、すぐに帰るのでした。

克子の家へ行った帰り、偶然萬平と出会った福子。

お茶を誘われましたが、お腹が空いているのがばれてラーメンを食べに行きます。

食べながら萬平は、以前ホテルへ電話をした時、間違えて電話をつないだ交換手が福子と知って、福子との縁を感じるのでした。

萬平の会社は加地谷の営業のおかげもあり、従業員も増えて大きくなっていました。

萬平の開発した製品を見に来た世良に敵意を向ける加地谷。

世良への危機感がない萬平に、加地谷は「人を見る目がない」と責めるのでした。

昭和16年12月、日本とアメリカが戦争になったのを新聞で読み、萬平は衝動的に福子が勤めるホテルへ足を向けます。

そうして勢いのまま、福子に交際を申し出るのでした。

 

スポンサードリンク

 

まんぷく6話の感想とキャストについて

萬平さんの福ちゃんへの好意が分かりすぎて、見ていて微笑ましいを通り越してニヤニヤが止まりません。

偶然出会った福ちゃんをお茶へ誘う時の顔があまりにも本気顔すぎて「あなたに好意を持ってます」と全身からオーラが出ているようでした。

そんな萬平さんに福ちゃんが警戒心なく、のんびりおっとり対応しているのが、朝ドラ鈍系ヒロインここにあり、という感じで面白かったです。

この二人が並んでいるとほっこりして癒されますよね。もっと二人が並んでいるところを見たいです。

そして萬平さんが福ちゃんに告白しに行く時、タクシーからそのまま衝動的に降りてしまった感じがすごく良かったです。

降りたタクシーが行ってしまうのを「あっ」という風に見て、でもその勢いのままホテルへ向かう。

そうしてフロントを見渡して、ずんずんと福ちゃんへ向かう……。

ここのカメラワークが臨場感あって大変素晴らしかった。上手い演出ですね。

告白も支離滅裂で、全く考えずに思うままぶちまけた感じが、萬平さんの福ちゃんへの熱い想いが見てとれてテンション上がりました。

来週はどうなるのか楽しみなのと、予告でお母さんがやはり壁になるようで今からハラハラしています。

ところで萬平さんは仕事でも今後色々ありそうです。

今日の加地谷さんと世良さんのやりとり、誰が正しいのか、誰が間違っているのか……私も分かりませんでした。

萬平さんは発明家で金儲けには疎いのは分かっているのですが、だからこそ誰かに助けてもらわないと成功できない人だと思います。

今後、加地谷さんとの会社はどうなっていくのか、世良さんはどう関係していくのか気になると同時に心配ですね。

そして心配といえば、咲姉ちゃんです。

本人は風邪だと言っていましたが、本当なのでしょうか……どうも違うような気もします。

色んなことを乗り越えて幸せになった咲姉ちゃんですから、あまり不幸なことにはならないでほしいのですが、朝ドラは2,3週目に近しい人が亡くなる率が高いので……不安です。

活気ある大阪の街が、今後戦争でどうなっていくのかも心配。

来週以降はどうなるのでしょうね。

萬平さんと福ちゃんの恋の行方とともに見守っていきたいです。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す