朝ドラまんぷく7話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく7話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

福子の勤務先で勢いのまま交際を申し込んだ萬平は、我に返り「忘れてください」とその場から逃げだしました。

仕事にも身が入らず、悶々としているところ、偶然入ったおでん屋で世良に会います。

世良に先日のことを詫びられ、同時に萬平に加地谷と組まない方がいいのではと言われます。

酒を飲みながら、話の流れは結婚についてになり、世良から結婚したい相手はいないのかを訊かれました。

もしそういう相手がいるなら「押しの一手ですよ」と世良にアドバイスを受けた萬平はどうすべきか考えるのでした。

福子は萬平からの交際申し込みを、本気に取っていいか悩んでいました。

姉二人の結婚相手をあまり好意的に思っていない母は、以前から福子の結婚相手は自分が見つけると決めており、お見合いも進めてしまいます。

咲の体調はなかなか回復せず、また見舞いに行きますが、逆に母との関係を心配されるのでした。

出勤中のホテルの前で、福子は萬平に声をかけられます。

萬平は先日の交際申し込みは本気であること、結婚前提につきあってほしいと告げます。

そんな萬平に、福子は「はい」と肯くのでした。

 

まんぷく7話の感想とキャストについて

 

スポンサードリンク

 

前回の6話ラストの衝撃告白の続きです。

冒頭の、ハッと我に返り慌てた様子で「忘れてください」と帰るところから、今回ラストのおつきあいをOKしてもらうまで、萬平さんの全てが視聴者の心をわし掴みでした。

告白の動揺からこけつまろびつしてホテルを出る萬平さん、思い出し恥ずかしで道端で叫んでしまう萬平さん、福ちゃんのことを考え仕事が手につかない萬平さん。

その一挙一動がいちいち可愛くて、作中が戦時中であることをまるっきり忘れてしまいそうです。

それにしても世良さん、とっても胡散臭いですが、とっても魅力的なキャラですよね。

彼の本心がどこにあるのか全然見えませんが、今後どうやって萬平さんと関わっていくのか興味津津です。

そんな世良さんのアドバイス通りに「押して」福ちゃんに2回目の告白をした萬平さん、OK貰えて良かったですね!

福ちゃんの気持ちは萬平さんほどハッキリしているようには見えませんでしたが、友達に相談している時の印象だとまんざらでもない様子。

好印象からの2度目の本気告白で、ときめきへと変わったんでしょうか。

ただ、気になるのはお母さんです。

 

スポンサードリンク

 

お母さんは1話から福ちゃんの結婚相手は自分が見つけると言ってましたし、今回も恋愛相手をつくるのは許さないといった感じでした。

お母さん、悪い人ではないのでしょうが面倒くさいのは第1週を見てひしひし感じているので、まず間違いなく萬平さんを認めないでしょうね。

というか、大企業に勤める小野塚さんも「冷たそう」と言い、亡き夫が気に入ってたという芸術家の忠彦さんも「稼ぎがない」とばっさり。

おそらく誰が相手でも文句を言うタイプなのでは……? と、ちょっと思ってますがどうなのでしょうか。

萬平さんと福ちゃんの二人を応援しているので、出来るだけお母さんにはお手柔らかにと思いますが、そんなお母さんの障害は物語的には面白そうなスパイスにもなりそう。

あまり辛み渋みのない、程良い味付けのスパイスを希望します。

そして咲姉ちゃんの具合が本格的に悪くなってきて心配ですね。

咳がひどくなり、ざわざわと嫌な予感がして不安です。

やっぱり予想通りの展開になってしまうのか……できれば回避して欲しいのですが、どうなっていくのでしょう。

萬平さんと福ちゃんの恋模様が気になるのですが、戦時中であったり咲姉ちゃんの病状だったりと不穏な種もちらほら見えて、また明日以降の展開が気になるところです!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す