朝ドラまんぷく37話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


第7週「私がなんとかします!」

製塩業の許可も下り、いよいよ製塩業をスタートする「まんぷく」37話。

第7週1話のあらすじと感想はこちらになります。

 

スポンサードリンク

 

「まんぷく」第7週1話(37話)のネタバレあらすじはこちら

国から製塩業の許可が下り、会社「たちばな塩業」をスタートします。

順調に塩づくりの慣れてきて、出荷できる量の塩も出来ました。

そんな時「たちばな塩業」に世良が現れます。

世良は萬平と福子に会い、開業のお祝いを言い、ちょうど車で来ているので専売局まで塩を運んでやると提案します。

萬平は自分もついて行くと言いましたが、事務的な手続きなので一人で平気という世良に言葉を信じ、任せます。

たちばな塩業初の出荷に、皆万歳で送りだし、世良の帰りを待ちます。

出荷した塩は3千円になり、世良は塩が儲かることに気づくのでした。

晩御飯に振舞われた大福餅を食べていると、世良が帰ってきたので皆で出迎えます。

ところが世良は、塩の品質が悪かったので1500円でしか売れなかったと嘘をつき、皆が落胆するなか帰ってしまいました。

世良の嘘に気づかず、悔しい思いをした萬平は最高の塩を作ることを誓います。

そんななか、従業員の一人である岡 幸助(中尾 明慶)は安い給料の憂さ晴らしで飲みに行き、そこで喧嘩をはじめてしまうのでした。

 

「まんぷく」第7週1話(37話)の感想はこちら

 

スポンサードリンク

 

世良さん……それはひどいです!

思わず叫んでしまいそうになった本日の「まんぷく」は、世良さんの好感度ががくっと下がった回でした。

やっと「たちばな塩業」がスタートしこれからって時に、あんまりな展開です。

3千円で売れて1500円をピンハネするとはさすがにえげつなくないですかね?

自分たちのせいだと土下座する従業員の3人の姿が見ていて切なかったです。

彼らのせいではないんですけどね……でも今回のことがあって、萬平さんが最高の塩を作ると誓ったので、たちばな塩業の塩の品質は向上しそうです。

ただ今回の件は萬平さんの甘さもありますよね、世良さんを信じてたのでしょうが大金が絡んでいるのですから、自分も一緒に行くべきでした。

結果、売上ピンハネされてしまい、従業員の頑張りも水の泡に……。

人の善さなんでしょうけど、やっぱり詰めが甘い。

今後はこの辺も問題点として改善されていくのでしょうか……そして、こんな状況だから加地谷さんがまともに経営していたことが分かります。

加地谷さん、あんなことありましたが会社経営きっちりやって借金もなく、時々萬平さんの甘さを指摘してましたもんね。

萬平さんは開発者ではあるけど経営には向かない……。

とはいえもう加地谷さんはいないので、福ちゃんが加地谷さんの代わりになれるのかがポイントな気もします。

神部くんもその辺は期待できない気がするので、福ちゃんが頑張るしかない。

でも世良さん、前回登場した時は羽振り良さそうでしたが「金に困ってる」って言ってたので何かあったんでしょうか。

闇市も衰退して稼げなくなってきたとか……?

今後の展開でその辺の事情も分かるといいのですが……それにしても週初めの今日は波乱の幕開けでしたね!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す