朝ドラまんぷく41話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


第7週「私がなんとかします!」

世良の嘘が少しずつ明るみになり、忠彦さんの体についても新たな展開がある「まんぷく」41話。

そんな第7週5話のあらすじと感想はこちらになります。

 

スポンサードリンク

 

「まんぷく」第7週5話(41話)のネタバレあらすじはこちら

忠彦の事が気がかりで福子は再び香田家へ向かいます。

途中真一の元へ寄り、ともに忠彦を説得します。

真一は忠彦が体を壊しても絵を描くことをやめないと知り、絵描きとはそういうものなのかと問います。

福子は忠彦が絵を描くことが幸せでも家族には心配する権利があると告げます。

克子とタカも、自分たちがどれだけ忠彦を心配しているかを訴えるのでした。

神部は小松原(前原 滉)を伴い、萬平に世良について訊きます。

小松原が闇市で世良を見たことや、本当に塩を専売局で売っているのか、実は闇市で不当な価格で売っているのではないか。

世良への疑いに、萬平は咄嗟に僕の友達を疑うなと怒ってしまいますが、その後に専売局へ電話したところ納品した数が合わないことを知るのでした。

福子は香田家から真一と共に帰り、その時に真一に再婚を考えているかを訊きます。

真一は咲を忘れてはいないのでした。

そんな福子と真一が歩いているのを、従業員達が偶然見てしまい、帰って萬平に「奥さまが男と歩いていた」と告げます。

福子が帰ってきて、克子から電話で忠彦はもう大丈夫と聞いて安堵しますが、そんな福子に訊きたいことを訊けない萬平なのでした。

 

「まんぷく」第7週5話の感想はこちら

 

スポンサードリンク

 

やっと世良を疑う空気になってきて少しホッとしましたが、やはり萬平さんはまだ信じられない様子。

専売局に電話して12個も少なく納品されたと知っても、一人で「いやいやそんな……」という感じで悶々としていましたね。

そういう善人な部分が萬平さんの良い所ではありますが、やはり甘いと言われても仕方ないのでは。

この世良問題は明日には解決されるのでしょうか……来週に引きずるような気もしてきました。

それはさておき、忠彦さんの件で、ここで真一さんの登場です。

真一さんの穏やかな、けして責めることのない口調は頑なだった忠彦さんの心を動かしたようですね。

帰り道に福ちゃんに再婚について訊かれていましたが「咲を忘れたら結婚するよ」という言葉が、咲姉ちゃんを忘れる気はないと言っているように聞こえました。

もう立ち直ってはいるのでしょうが、大切な人を失った深い悲しみが、真一さんを見ていると伝わってきます。

真一さんにも幸せになって欲しいですね……。

ところで、そんな真一さんと福ちゃんを偶然見てしまった塩軍団の彼らが、あらぬ勘違いをした所はクスッときました。

ここのところシリアスな雰囲気が多かったので、萬平さんのソワソワ具合に笑ってしまいます。

ただでさえ世良についての疑いに悶々としているのに、福ちゃんの浮気疑惑も重なって、萬平さんの心中は大嵐ではないでしょうか。

帰ってくるなり「今日は誰と……」と訊こうとしてましたが、克子姉ちゃんからの電話にかき消され、電話終わった後にも結局言えずじまい。

けど翌朝に改めて訊いて、福ちゃんに「真一さんです」と教えてもらえれば「なんだそうか」で萬平さんは終わると思いますが、目撃した従業員たちの誤解は解けないのではないかと心配です。

なんだか今週はもやもやだらけの話が多いですね……!

明日が7週最後のお話なので、スッキリできるよう願っています。

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す