朝ドラまんぷく29話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


まんぷく29話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

無事に帰ってきた忠彦は、ハンコ作りを手伝おうとしますが、克子に以前のように絵を描いていてと言われます。

そして泥棒だった神部は、そのまま香田家に居着き、何でもするので置いて下さいと家の雑用や子供たちに勉強も教えてくれることに。

 

はじめは神部を怪しく思っていた福子たちですが、少しずつ彼を信用していくのでした。

忠彦は神部の寝床にアトリエを提案します。

 

アトリエを寝床にしたら忠彦が絵を描けないのではと克子は心配しますが、忠彦は戦時中に目を痛めてしまい、色彩の区別がつかなくなってしまったのです。

それは絵描きにとっては重大な障害でした。

 

忠彦はハンコ作りを手伝うことになりますが、克子は複雑な気持ちになるのでした。

季節は冬へと変わって行きます。

 

福子と萬平が闇市を歩いていると、ハーモニカを吹いている加地谷を見つけました。

逃げようとする加地谷を捕まえると、加地谷は萬平に謝り、今後は日陰で生きて行くと言います。

 

福子は怒りをぶつけますが、萬平は福子をなだめ、加地谷には「もういいです」と告げてその場を後にするのでした。

後日、加地谷は闇市で神部に話しかけられます。

 

神部は萬平からの「あなたの人生の主役はあなたです」という伝言を伝え、加地谷と書かれていたハンコを渡します。

それを見て、加地谷は涙を流すのでした。

 

まんぷく29話の感想とキャスト

 

スポンサードリンク

 

戦争は色んなものを奪っていくのだな、と考えさせられる回でした。

忠彦さんの目は戦争の後遺症で色盲になり、神部さんは大阪帝大まで出たにも関わらず、泥棒に入らなければならぬほど身をやつしてしまう。

 

そして加地谷さんは生きる意味を失い、日陰での暮らしを続ける……。

萬平さんが昨日の放送で、戦争に行っていた神部さんに「引け目を感じる」と言ってましたが、忠彦さんも神部さんも戦争さえなければ違った人生だったでしょうね。

 

加地谷さんは戦時中なにをされてたのかは分かりませんが、ずっと逃亡していく生活も楽ではなかったでしょうから。

でも萬平さんもあの憲兵の拷問がなければ戦争へ行っていたでしょうし、人生は何がどう転ぶか分からないものですね。

 

最後の、神部さんが萬平さんの伝言を加地谷さんに伝えるシーン、直接本人が伝えるのではなく全く知らない第三者が伝えるからこそ響く言葉だと思います。

そして渡したのがお金ではなく「加地谷」と書かれたハンコで良かった。

 

あそこでお金を包んでしまうと、施しをされたと加地谷さんは卑屈になってしまうでしょうし、純粋に感謝出来ないと思うのです。

自分を証明できるハンコというアイテムだからこそ、加地谷さんは貰って心を打たれたのだと思います。

 

加地谷さん、またあの自信満々な姿で世良さんと張り合ってる所見たいですね。

復活を期待しています! 復活と言えば、忠彦さんは本当にもう絵を描かないのでしょうか。

 

『父や夫である前に絵描きな忠彦さん』が絵を描かなくなってしまうとどうなるのか……。

克子姉ちゃんは強く問い詰めることはありませんでしたが、とても心配しているのがその視線から伝わってきて、見ていて苦しかったです。

 

忠彦さんは絵に対する情熱は失われてしまったのでしょうか、それとも思うように描けないというショックから、絵を描くことを逃げているのでしょうか……。

そして小野塚さんの安否もそろそろ気になります。

 

野呂さんや竹ノ原くんなども元気でしょうか……馬の蘭丸はおそらく無理だろうと覚悟はしているので、残る人たちは無事に再会できるのを願っています。

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す