朝ドラまんぷく46話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


第8週「新しい冒険!?」

再び行方が分からなくなった鈴、けれど鈴は元気に香田家を訪れ愚痴を言います。

そんな「まんぷく」46話。

第8週4話のあらすじと感想はこちらになります。

 

スポンサードリンク

 

「まんぷく」第8週4話(46話)のネタバレあらすじはこちら

一晩待ってみたものの鈴は香田家を訪れることはなく、萬平と福子は泉大津へ帰ってきます。

皆が心配するなか、入れ違いに鈴は香田家にやってきました。

克子と忠彦に自分は大切にされていないと訴え、自分はこき使われていると鈴は怒ります。

克子はそんな母に呆れながらも、すぐ帰すのは可哀そうなので暫く面倒をみると福子に電話で伝えました。

萬平は鈴の居場所が分かりホッとしながらも、なぜ家出したのか理由が分からないのでした。

忠彦は鈴をモデルに絵を描きながら、鈴の愚痴を聞き慰めます。

忠彦の優しい言葉に鈴は涙を流すのでした。

神部は家事をするタカを手伝いますが、他の従業員からタカに気があるのではと疑われます。

その言い争いを聞いた福子が間に入った時、急な陣痛が来て福子はしゃがみこんでしまいます。

慌てた従業員たちが萬平を呼び、産婆を呼ぶよう福子が訴えるのでした。

 

「まんぷく」第8週4話(46話)の感想はこちら

 

スポンサードリンク

 

鈴さんの家出騒ぎ、少しずつですがおさまってきましたね。

結局克子姉ちゃんの家にやってきましたが、何だかんだと文句を言ってるのが鈴さんらしい。

今回の家出、確かに鈴さんに家事を全部任せてしまったのは可哀そうなのですが、全て同情出来ないのは鈴さんの普段の言動もありますよね。

「私は武士の娘です」「飯炊き女や女中ではない」と生まれや職業で他を下に見ていたり、赤津くんを「しもべ」と呼んでいたり、それで自分を大切にして欲しいと言うのはちょっと虫がいいのでは……?

それに家事もずっと鈴さんが一人でやってたわけでなく、福ちゃんが臨月に入るまで、赤津くんが骨折するまでは3人体制だったわけで。

忠彦さんの優しい言葉にほろっときて反省を口にしていましたが、これからどうするのでしょう。

福ちゃんの元へ戻るのでしょうか、でも戻ったら家事が待っていますし、同じことの繰り返しだと思うのですが。

福ちゃん産気づきましたが肝心な時にいないというのもなんだか……。

どちらにしても誰か家事を出来るひとを雇うなり、従業員たちが家事を手伝うなりしないと今後は上手く回っていかないと思います。

ところで神部くんが思ってた以上にタカちゃんにその気で驚きました。

てっきり妹みたいな感覚で接していて、いずれ女性として見て行くのかと思っていたらこんな早くに女性として見ているとは。

神部くん26歳でタカちゃん16歳……10歳違いですか。

あと数年待って欲しい気もしますね、忠彦さんのためにも。

それにしても赤津くんの口が軽くて笑いました。

骨折しているのに元気ですね。

さて、明日は福ちゃんが出産するようですが、鈴さんはまだ克子姉ちゃんのところですよね?

こんな時にお母さんがいないのは心細いでしょうが、元気な赤ちゃんを産んで欲しいです!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す