朝ドラまんぷく51話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


第9週「違うわ、萬平さん」

塩づくり組とダネイホン組の対立が表面化し、萬平もそれに気づき反省する本日の「まんぷく」51話。

第9週3話のあらすじと感想はこちらになります。

 

スポンサードリンク

 

「まんぷく」第9週3話(51話)のネタバレあらすじはこちら

萬平と福子が喧嘩したと聞き、このまま強気で行くよう鈴は福子を焚きつけます。

ですが萬平は喧嘩したことも忘れ福子に話しかけてくるので、困ってしまうのでした。

萬平に言われ、皆でダネイホンの味見をしましたが不味いのは変わりません。

どうしたらいいか悩む萬平と、そんな萬平にどう対応したらいいか分からない福子。

神部とタカの仲がいいのを面白くない小松原たちは鈴にそれを言いつけます。

タカに手を出したか鈴に問い詰められた神部は出してないと断言しますが、鈴にこれからも出さないように警告されるのでした。

その夜咲が夢枕に立ち、夫婦はお互いが足りないところを埋めるものだと助言され、福子は目が覚めます。

そんな時、階下にいる従業員たちが塩づくりとダネイホンを巡り喧嘩になり、萬平は自分が至らないせいだと気づきます。

萬平は反省し、今後は社長として塩づくり組と家族に対し考えるようにすると宣言し、福子はホッとします。

けれど翌日、萬平はみんなでダネイホンを作ろうということになり、それは塩づくり組の負担が大きくなることでした。

萬平一人がやる気になっているところに、福子は頭を悩ますのでした。

 

「まんぷく」第9週3話の感想はこちら

 

スポンサードリンク

 

萬平さんが見事に空回っていて、本人がまるで気づいていないのに笑ってしまいました。

塩づくり組がさらにワカメも獲って魚も獲らないといけないというのが、負担増というのに萬平さんが気づくのはいつなんでしょうか……。

さて神部くんとタカちゃんがいい雰囲気ですが、その関係が鈴さんに知られることになってしまいました。

手を出してはいない、手も握ってないと断言していましたが、昨日の放送で研究室案内すると手を握ってませんでしたっけ……?

どちらにしても、鈴さんがこうやって早い段階で釘を刺してくれて良かったです。

タカちゃんはまだ16歳ですからね、一線を引いていてほしいです。

でも神部くん「俺ら」とひとくくりにしているのを見ると、もうお付き合いしている気分なんですかね、それはちょっとどうかなと不安です。

さて、ダネイホンですが相当不味いようで商品化出来るのでしょうか。

三田村会長は「長い目で見るのも大事」と言ってたので、その気持ちで見守っていきたいのですが、あの瓶の色がおどろおどろしくて本当に大丈夫なんだろうかと心配です。

牛骨と菜種油と塩とワカメが材料ですが、素材だけで考えると不味くなさそうなんですけどね。

調理法が駄目なのでは……。

あとパンに塗る用と言ってた筈ですが、パンに合わないような気もしますね。

砂糖は高価で入れられないそうなので、他に味を調整できるものを考えた方がいいような。

まだまだ問題は山積みですね。

最後に出てきた手榴弾での漁も慣れてきてるようですが、これも今後何かしらあるとしたら萬平さんまた捕まってしまうのではと心配です。

久々に夢枕に立った咲姉ちゃんに懐かしさを感じました。

お母さん寂しそうなのでお母さんの夢枕にも出張してあげて欲しいです。

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す