朝ドラまんぷく5週のあらすじネタバレは?動画の見逃し配信についても


今週は終戦を迎え、失ったものもあれば懐かしい人達との再会がありました。
そんな朝ドラ「まんぷく」、見逃した方のために5週目のあらすじと、再放送と見逃し配信についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

「まんぷく」5週目のあらすじはこちら

戦争が終わり、萬平と福子と鈴は大阪へ戻ってきましたが、空襲で家は無くなっていました。
疎開先から戻ってきた克子たちの家で、萬平たちは居候させてもらうことに。

一家は着物を食料に交換してもらったり、闇市に持って行きお金に変えたりと苦しい生活になります。
そんななか、牧夫婦や世良と再会を喜びます。

闇屋をやってる世良は萬平が負け組で燻ってるのが悔しいと発破をかけます。
そんな萬平は、福子が配給所で見た騒動を聞いてハンコ屋を思いつき、そのハンコ屋は大繁盛するのでした。

苦しい生活が少しずつ改善されるなか、克子は夫の忠彦が戻らないことを嘆きます。
ある夜、皆が寝静まった頃に忠彦のアトリエの扉から泥棒が入ります。

鈴が取り押さえると、泥棒は戦争帰りの神部茂という若者でした。
お腹が空いてる神部にすいとんを食べさせると、神部は感謝して翌日家の掃除をして出て行きます。

そんな彼を見送った福子と萬平でしたが、またしても事件は起こります。
前回と同じくアトリエに不審者が入り、またしても鈴が取り押さえます。

けれどそこにいたのは帰還してきた忠彦でした。
忠彦が生きて戻ってきたことに、克子も子供たちも喜びますが、忠彦は戦争で目を痛めていました。

色がよく分からなくなってしまい、もう絵は描けないという忠彦の言葉にショックを受ける克子。
けれど忠彦が絵を諦めることはないと、克子は信じるのでした。

泥棒の神部は結局香田家に居着き、雑用をしたり子供たちの家庭教師をしてくれることに。
そんななか闇市で福子と萬平は、加地谷を見つけます。

加地谷はずっと逃亡していたせいで落ちぶれており、萬平へ謝罪すると共にこれからは日陰で生活していくと告げます。
福子は怒りをぶつけますが、萬平がそれを止めるのでした。

萬平は神部にことづけを頼みます。
神部は加地谷に「加地谷」と書かれたハンコを渡し、萬平からの言葉「あなたの人生はあなたのものです」と伝えます。

加地谷はそれを聞いて泣くのでした。
3月になると、同業者が増えてハンコ稼業がうまく行かなくなってきました。

そんな時、忠彦が再び絵を描き始め、克子は喜びます。
また生活が苦しくなって、萬平が何かできないか考えていると、世良から軍が使っていた倉庫が貸し出されていることを聞きます。

福子と相談し、倉庫のある泉大津に行こうと決めた頃、咲の夫である小野塚真一が戦争から帰ってきました。
皆に挨拶をし、忠彦に預けていた咲の遺品の絵を返してもらい、真一は帰ります。

口には出せない思いを感じる萬平と福子でしたが、自分たちも引っ越しすることを香田家の人々に伝えることにしました。
ハンコ屋の仕事が少なくなっている今、人を減らした方が効率がいいことを説明すると、鈴と神部も一緒に泉大津へ行くことになるのでした。

「まんぷく」再放送の時間はこちら

スポンサードリンク

NHKの朝ドラは当日に再放送をしており、毎週日曜日にダイジェスト版を放送しています。

NHK:12時45分から13時まで(毎週月曜~土曜)
BSプレミアム:11時30分から11時45分(こちらも毎週月曜から土曜まで)

20分ダイジェスト版は毎週日曜の11時から11時20分。
5分ダイジェスト版も、毎週日曜の5時45分から5時50分と、17時55分から18時の2回。

「まんぷく」を1話から見直したいという方は、動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。

U-NEXTは31日間トライアル期間があり、この期間は無料で視聴できます。
しかし、NHK作品を見放題にするには別枠で900円必要とのこと。

U-NEXT
ただ入会と同時に600ポイントが貰えますので、不足分の300円のみ支払うかたちになります。
2ヵ月目からは、毎月1200ポイントがもらえますので、U-NEXT基本料金のみの支払いになります(基本料は1990円)。

少し分かりづらいかもしれませんが、31日間トライアル期間中のみ「まんぷく」を見たい場合は支払金額は「300円」です。

 

「まんぷく」は6週目で場所は泉大津へ移ります。

萬平さんはまた新しいことを始めるようです!
来週も気になりますね!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す