朝ドラまんぷく34話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


第週「お塩を作るんですか!?」

人が増えてさらに忙しく慌ただしくなってきている34話。

そんな第6週4話のあらすじと感想はこちらになります。

 

 

スポンサードリンク

 

「まんぷく」第6週4話(34話)のネタバレあらすじはこちら

14人も人を集めてきた神部は、鈴に多すぎると責められます。

萬平もここまで集まるとは思っていなかったが、塩づくりには人手がいるため、結局全員雇うことに。

14人の若者たちに萬平は塩づくりの方法を説明し、さっそく塩を作るための設備を作りはじめます。

福子と鈴は皆の食事を作りますが、お金がないので量が作れず、一日働いてた彼らに不満を言われます。

福子は再びハナの家を訪れ、お金を貸してほしいと頭を下げるのでした。

鈴は人が増えたストレスからラーメン屋に行きやけ食いをし、不満をぶちまけます。

店主に大人数の食事作りの大変さを訴えると、安くするからと出前を勧められます。

鈴がお願いしたラーメンを全員で食べながら、みんな英気を養うのでした。

「まんぷく」第6週4話(34話)の感想はこちら

 

スポンサードリンク

 

14人も連れてきた神部くん、やっぱり叱られてましたね。

さすがの福ちゃんも「事前に何人とか相談してなかったの」と咎める口調になってました。

結局全員雇いましたが、お母さんの心配と不安が尤もすぎて、今後大丈夫なんでしょうかね。

食費もですけど寝る場所もお風呂も、あんな状態だと長く続きませんし、一刻も早く塩づくり成功しないと色んな意味でまずいのでは。

ハナちゃんの旦那さんにまたお金借りに行ってましたが、さすがに地主さんでお金持ちとはいえ借金しているのに15人も人を雇ってるのは貸す方も不安ですよね。

ハナちゃんも婚家で肩身が狭くなるでしょうし、お金を借りるのはこれが最後にして欲しい……。

従業員の人たちも、この当時に食事と寝る所も提供されて仕事もあるというのは待遇としては悪くないと思うので、食事の量についてはちょっと我慢して欲しいですね。

お風呂5分交代は大変だなと思いましたが、風呂や寝る場所にそれほど不満もなさそうなのを見て、軍隊ではよくある状況だったのかなとも思いました。

ところであのラーメンの出前はお母さんのポケットマネーですかね?

お母さん、こっそりやけ食いしに行くところを見ると、まだへそくりは隠してあるのかもしれません。

とはいえ福ちゃんとお母さんの二人であの大人数の面倒をみるのは大変ですよね……。

15人全員塩づくりするんじゃなくて、そのうち1人でも世話の手伝いに回してもらえば少しは楽なのでは……交代制とかで。

とりあえず、まずは塩事業を成功させることですよね。

萬平さんのモデルとなった安藤百福さんも製塩業をやっていたそうですが、ドラマとは違った展開のようなので、今後の展開は読めません。

新しく入った従業員もそれぞれキャラ設定がありそうなので、彼らとの交流のような話もあるのでしょうか。

楽しそうなので、ぜひ見てみたいですね。

さて、明日は鉄板を全部並べ終わり、いよいよ塩づくりスタート……となるのでしょうか。

ハラハラしつつ見守っていきたいです!

 

スポンサードリンク

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す