獣になれない私たち2話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


獣になれない私たち2話のあらすじ

 

スポンサードリンク

 

ガラリとイメチェンした服装で出社した晶(新垣結衣)。

社長の九十九に業務分担の改善要求書を提出します。

晶の勢いに押された九十九は出張明けに返答すると言うのでした。

会計士の恒星(松田龍平)は初めて事務所にやってきた勝俣という客から、粉飾した税務申告書類に担当税理士として判を押して欲しいとしつこく頼まれます。

危ない橋は渡れないと拒否する恒星ですが、勝俣は事務所から帰ろうとしません。

しびれを切らした恒星は体格のいい知り合いに頼んで無理やり事務所から追い出すのでした。

その夜、5tapの前まで来たもののいつもと違う服装の晶は入るのを躊躇います。

そこにちょうど恒星が来て、入らないの?と訊ねたので、一緒に入るのでした。

恋をしたいと言う晶に、恒星は、呉羽の場合恋に落ちた時鐘の音が響くらしい、と話すのでした。

晶は、自分は鐘の音なんて聞いた事が無いと言います。

それは恒星も同じでした。

社長の出張の間、有給休暇を取った晶ですが、早朝から松任谷((伊藤沙莉)が電話して来ます。

営業の上野(犬飼貴丈)が契約書を持ったまま二日も無断欠勤をしているというのです。

仕方なく上野のアパートを訪ねると、上野は自分は今の仕事に向いていないとこぼすのでした。

晶が私だってそう思うときがあると言うと、突然上野は晶を好きになっていいかと問うのでした。

会社に好きな人がいれば、張り合いが出てやる気も起きると言う上野に唖然とする晶。

しかし晶の訪問が功を奏して上野は会社に復帰するのでした。

休暇中、晶は以前派遣で勤めていた会社のバーベキューパーティに呼ばれます。

それは晶の彼氏、京谷(田中圭)の会社でした。

しかしそこで晶は京谷の後輩から、京谷が一人住まいをしていないことを知らされます。

内心ショックを受ける晶ですが、その場ではうまく取り繕います。

京谷はそんな晶に謝るのでした。

落ち込んで夜道を歩く晶。

すると道で勝俣に土下座されている恒星を目撃します。

粉飾してやり過ごしても繰り返すだけだと勝俣を諭す恒星。

土下座したままの勝俣に同情的な晶に、裁判にでもなったら責任は誰がとるんだと恒星は言うのでした。

勝俣を置いて歩き出す二人。

恒星は呉羽から聞いた、恋に落ちた時に聞こえる鐘のある教会の名前を教えます。

二人は夕方5時に鳴らすという鐘の音を聞くためにその教会まで出かけるのでした。
しかし近所で苦情が出るために今は礼拝時しか鳴らしていないらしく、空振りに終わる二人でした。

休暇が終わり出社した晶。

出張から帰ってきた社長の九十九から、特別チーフに昇進させると言われ驚きます。

それでは仕事の忙しさは変わらない、と素直に喜べない晶なのでした。

 

スポンサードリンク

 

感想とキャスト

この回では京谷と晶の馴れ初めが描かれていました。

京谷役の田中圭さんって顔立ちがはっきりしたイケメンではないですが、細い指といい、甘い雰囲気といい、やっぱり王子様的なんですよね。

こういうはっきりしない男の役をやっても田中圭じゃしょうがないな、と思わせるところがすごいです。

しかし謎の元カノ(黒木華)と晶の間でどうするつもりなのでしょうか??

そして晶は恒星との距離を縮めつつあるようです。

でも会計士としての恒星の仕事にはダーティな部分がありそうですね。

晶の恋はなかなか難しそうですね・・。

 

再放送や視聴率について

視聴率は初回に比べて3%落ちて、8.5%でした。

初回ガッキーのしんどさが見ていて辛い印象を与えたのでしょうか?

テレビでの再放送の詳細がわかりませんが、日テレオンデマンドやhuluで見逃し配信されています!

 

日テレドラマ

 

コメントを残す