獣になれない私たち3話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


獣になれない私たち3話のあらすじ

 

スポンサードリンク

 

覚悟を決めて社長の九十九に業務改善要求をしたのに、逆に「特別チーフプロデューサー」に任命されてしまった晶(新垣結衣)は、これから待ち受ける仕事量を考えて憂鬱この上ないのでした。

そして5tapには晶と待ち合わせする京谷(田中圭)の姿が。

 

実は一緒に暮らしている元カノの朱里(黒木華)に仕事を探して出ていくよう言ったところ、朱里が暴れ出し手がつけられなくなってしまったのでした。

それで京谷は仕方なく晶のアパートに泊まりに来たのです。

 

一方会計士の恒星(松田龍平)は、札束を見せて粉飾決算に加担するよう迫る男に他のクライアントのように強く拒否できないでいました。

置いていった札束をゴミ箱に放る恒星。

 

そこへ恒星の叔父が何年かぶりに訪ねてきます。

叔父は恒星の母親に頼まれて、行方不明の恒星の兄が東京にいるらしいと伝えに来たのでした。

 

恒星は叔父に、恒星の家族のことを心配しなくていいと言います。

会社の仕事の範囲が増えるのを恐れる晶は、呉羽(菊地凛子)の店で社長に談判するとき強い気持ちになれる戦闘モードの服を選んでもらいます。

 

そこで呉羽から恒星との馴れ初めや別れた話を聞くのでした。

晶も今の彼氏の悩みごとを呉羽に打ち明けます。

 

呉羽の店で買った服を着て社長の九十九に直談判をした晶ですが、社長の勢いに押されて撃沈。

仕方なく命じられた仕事を片付ける晶を営業仲間の松任谷や上野が励ますのですが、晶の心は晴れません。

 

そして京谷のマンションでは、朱里が京谷の母千春が送ってきた宅配便を勝手に開け、晶宛てのお酢をネットオークションで売ってしまいます。

それを知った京谷は5tapで晶に千春にどう話せばいいのかと相談します。

 

店に来ていた呉羽と恒星は深刻そうな二人の様子が気になり、呉羽は京谷に向かって四年も部屋に居ついている元カノと晶をどうするつもりだと言います。

困っている京谷を庇う晶。

 

晶と京谷がつきあう時、朱里とははっきり別れていているものの仕事が無くてマンションから出ていかないだけなのだと、晶は呉羽に説明します。

でもいつまでもはっきりしない自分の状態に幻滅して店から出て行ってしまう晶。

 

余計なことをしたと後悔した呉羽は恒星に晶を送るよう言うのでした。

そして自分は酔った京谷をタクシーで送る途中、京谷にキスしてしまいます・・。

 

 

感想とキャスト

 

スポンサードリンク

 

晶と京谷、呉羽と恒星の二組のカップルの雲行きが怪しくなってきましたね!

自由奔放な呉羽は酒を飲んでぐったりしている京谷に無理やりキス。

 

このまま二人は行きつくところまで行ってしまうのでしょうか。

「おっさんずラブ」でも迫られまくりだった田中圭さん。

 

既婚者なのにこうした役がぴったり似合ってしまうところが田中圭ならでは、といった感じです。

そして呉羽役の菊地凛子さんも妖艶な美女ぶりで、男性を意のままに操れる役どころがはまっていますね!

 

一方晶と恒星の方は冷静でなかなか距離が縮まりません。

でも晶は恒星から、嫌いな兄に似ているが今は嫌いじゃないと告げられます。

 

こんな意味深なことを聞いてもあまり心を動かされない晶ですが、呉羽と京谷の仲が進展してしまってどうなるのか心配ですね・・。

 

 

再放送や視聴率について

 

第3回目の視聴率は8.1%でした。

初回の視聴率まで回復するのは大変そうですね。

 

でも二組のカップルの先行きに朱里が絡んで見る人の興味がわきそうです。

再放送は日テレオンデマンドで最新話は無料配信、huluで無料のお試しもできます。

 

日テレドラマ

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す