獣になれない私たち5話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


獣になれない私たち5話のあらすじ

 

スポンサードリンク

 

晶(新垣結衣)は出口の見えない恋人の京谷(田中圭)と元カノの朱里(黒木華)との関係をはっきり見据えるために京谷のマンションに向かいました。

そして朱里と初めて対面します。

マンションを出る気はあるのかと朱里に問う晶。

死ぬまで出る気がないっていったらどうするのとはぐらかす朱里。

別れるます・・もう疲れた、と晶は答えるのでした。

それじゃあ別れたらいいと言う朱里。

自分も疲れたくないからここにいるの。

そして行くところが無い、私には何もない。

朱里は晶を睨みます。

あなたには仕事があって、仕事ができて、好きな人がいて、彼の母親にも好かれている。

私は派遣会社に行っても仕事ももらえない、ゲームとウサギがいるだけ。

朱里は晶を睨みつけながら涙を流すのでした。

晶は朱里を虚ろに見ながら言います。

正直なあなたが羨ましい・・。

晶はマンションを出ていきます。

雨に濡れながら自分のアパートに戻りぐったりと座り込むのでした。

それから会社では表面上は快活に仕事をこなす晶。

でも本心はどうにもならない京谷との関係に疲れ果てていました。

仕事帰り、恒星(松田龍平)を見つけた晶は、恒星の顔の傷を見て何故傷が出来たのかを問います。

それは晶と夜を共にしたと言ったことで京谷から殴られた傷でしたが、恒星は転んだと嘘を言うのでした。

恒星さん、転ぶんだと明るく笑う晶。

そんな明るすぎる晶の様子を恒星は心配します。

そして金曜の夜仕事が終わり同僚の上田と別れた後で、誰かに電話したくなって京谷の母親に電話する晶。

母親の千春は自宅介護している夫との馴れ初めを晶に話し、愛が有れば乗り越えられると晶に言いますが、その言葉も京谷との堂々巡りに苦しむ晶の慰めにはなりませんでした。

一方京谷は朱里の居座るマンションを出る決意をします。

自分の名義のままにしておくからと言って朱里にマンションを明け渡して晶のもとに向かう京谷。

しかし京谷との関係に疲れ切った晶は、関係を絶とうと京谷の前でわざと恒星とキスするのでした・・。

 

獣になれない私たち5話の感想とキャスト

 

スポンサードリンク

 

恋愛に疲れたOLをガッキーが好演していますね~。

でもその演技がリアルであればあるほど視聴者に重く迫ってきて閉塞感が半端ないです。

また先々恋人になりそうな恒星も心の闇がありそうで気軽な恋愛ドラマとは言えませんね。

でも現実には夢物語のような恋愛は無いと思うので、自分の身近な人のドラマとして見れるんじゃないでしょうか。

突破口の無い人たちが唯一癒しを得る場所、それが5tapなんでしょうね。

またこういうドラマは演じている俳優さんたちの演技力が試される感じがします。

謎の多い、本音を言わない恒星役は松田龍平さんの雰囲気とうまくはまっています。

そして朱里役の黒木華さん、仕事をしなくちゃならないのはわかっていながらゲームをするだけの日々・・そういう駄目女を上手に演じていますね。

 

再放送や視聴率について

第5回目の視聴率は8.3%、前回の6.7%よりも1.6%アップしました。

がっちり見れば内容の濃い大人のドラマです。

これまでと違う大人のガッキーの演技力も見ごたえがあるので、笑いは少ないドラマですが視聴者もついていって欲しい!

第5話は日テレオンデマンドで11月14日まで無料配信しています。

そしてhuluでは2週間無料お試しで全話を見ることが出来ます。

日テレドラマ

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す