獣になれない私たち6話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


獣になれない私たち6話のあらすじ

 

スポンサードリンク

 

晶(新垣結衣)は路上で恒星(松田龍平)とキスして京谷に見せつけます。

ショックを受けその場を去る京谷。

それを呉羽(菊地凛子)や三郎(一ノ瀬ワタル)も見ていて、4人で5tapで飲むことになるのでした。

呉羽はこれから自分の夫、橘カイジのパーティーに行こうと誘いますが、恒星に断られ三郎と出かけます。

それでもパーティーのことが気になる恒星は、呉羽とパーティーに行った三郎にその様子を訊ねます。

すると三郎は呉羽と橘カイジが偽装結婚だという噂を聞いたと恒星に洩らすのでした。

一方京谷が出て行ったマンションで一人になった朱里(黒木華)は京谷の部屋に残っていた年賀状から晶の住所を調べてアパートへ行きますが、不在とわかると5tapに入ります。

そこには恒星がきていて店長のタクラマカン斎藤(松尾貴史)と橘カイジのことを話していました。

カイジのことを知る朱里は話に加わりますが、そこへ晶が。

店から逃げ出す朱里ですが晶は朱里だと気づきます。

そして晶の会社が京谷の会社から仕事を頼まれ、担当者同士で懇親会をすることになり、晶と京谷は気まずく顔を合わせます。

懇親会が終わると二人きりになりますが、晶は京谷がいるとわかっていながら恒星とキスをしたことを話してしまいます。

呆れる京谷に、晶は自分だって呉羽さんと・・と反発します。

京谷は元カノをずるずる住まわせて私を踏みにじっていると言う晶。

そんな晶を見て、最近の晶は可愛くないと京谷は言いだします。

そして京谷自身は、自分がマンションを出たことを言い出せないのでした。

京谷の上司が他で飲もうと誘いに来ると晶は居たたまれず帰ってしまいます。

京谷と喧嘩して混乱する晶。

近くの呉羽の店へ寄ります。

店には恒星が来ていましたが呉羽は出かけていて、ちょうど晶と鉢合わせします。

動揺している晶は京谷とのことで呉羽を責めて涙を流します。

そんな晶に呉羽は優しく接するのでした。

晶は恒星から聞いていた、呉羽の結婚が事務所とのトラブル逃れではないかと言う話を呉羽にします。

呉羽はその話を否定して、自分は子宮筋腫で子宮を全摘し子供が望めなくなった、それを恒星に言えなかったと話します。

でも橘カイジにはそれを伝えられたと言うのでした。

恒星はその話を聞いてしまいます・・。

 

スポンサードリンク

 

獣になれない私たち6話の感想とキャスト

いろんな人の思惑がさまざまに錯綜していますね!

そして今回は、クールそうに見えた恒星が実は呉羽を愛していて、恒星の熱い男の部分が見られました。

でも大事なことを話せない関係だった恒星と呉羽はもうつき合うことはなさそうです。

京谷とうまくいかない晶は、恒星と京谷、どちらに傾くのでしょうか・・。

ポーカーフェイスだった恒星が呉羽の話に怒りを露わにする・・松田龍平さんの演技が見事でした!

駄目女になりきっている黒木華さんもすごいし、ガッキーもがんばっていますね!!

 

再放送や視聴率について

第6回目の視聴率は10・8%、久しぶりに二桁に到達です!

これからさらに話が面白くなりそうなこのドラマ、期待大!ですね。

第6話は日テレオンデマンドで11月21日まで無料配信しています。

そしてhuluでも無料のおためしができます。

なおこのドラマに出てくる駅は東成田駅のようです。

日テレドラマ

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す