僕らは奇跡でできている2話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


僕らは奇跡でできている第2話のあらすじ

 

スポンサードリンク

 

シマウマには何故黒と白の縞があるのか、亀は何故ウサギに勝ったのかなどと授業でおかしな質問を投げかける大学講師の相河一輝(高橋一生)。

学生たちは一輝の質問に困惑する一方で准教授の樫野木らの授業に退屈さを感じていました。

そして今度は育実の歯科クリニックの水道の蛇口がキッキッと四十雀が反応するような音を立てたのがきっかけで、一輝は学生たちにフィールドワークに出ようと呼びかけます。

学生たちは面倒くさがりますが、単位を多く取得できるので参加するのでした。

一輝はフィールドワークのために鳥を呼ぶ装置を作ろうと店で材料を買い集めます。

その帰り歯科クリニックの患者の虹一という小学生と会い、子供のような性格の一輝は虹一と友達になるのでした。

しかし虹一の母親は見知らぬ大人と話す息子を叱ります。

フィールドワーク当日、一輝は学生たちに自作のバードコールの装置を渡し、鳥を呼ばせますがうまくいきません。

しかし一輝がやってみると四十雀や五十雀が反応するのでした。

楽し気な一輝に影響され、冷ややかだった学生たちもだんだん和気あいあいとしてきます。

一方歯科クリニックの院長、育実(榮倉奈々)の方は一輝に人を見下している、と言われたことを気にしていました。

恋人との仲がうまくいっていない育実は家で料理を作って恋人を招待します。

でも育実の載った雑誌の話で、また気まずくなってしまうのでした。

落胆した育実はストレス解消に一人で焼き肉屋へ。

やけになって注文していると一輝が店にやってきて隣の席になります。

美味しそうにお肉を頬張る一輝に、育実は楽しそうですね、と皮肉を言います。

一輝はそれに答えて、昔はある人が嫌いで仲良くなれず泣いてばかりいた、今は仲良くなれたので楽しいです、と言います。そしてそれは自分です、とつけ足すのでした。

一輝の話を聞いて育実は目を丸くします・・。

 

スポンサードリンク

 

感想とキャスト

はじめはおかしな教師だと敬遠していた学生たちですが、自然あふれる森の中を歩いて鳥や他の動物たちを探すうちに、一輝の面白さを認め始めたようですね。

それにしてもおじいさんの家を訪れると、元々子供っぽいのに一輝はさらに小さな子供に戻ってしまうよう。

一輝はどうやらおじいさんに育てられたようですが、一輝の両親はどうしたのでしょうか。

何か事情がありそうですね。

独身の一輝が家政婦の山田さんと長い間暮らしているのもおかしな話です。

そうしたこともドラマが進むにつれて明らかになっていくのでしょう。

歯科クリニックの院長の育実も独りよがりな一輝を煙たく思っていますが、これから理解を深めていきそうで、この二人の関係も楽しみですね。

田中泯さんは、寡黙で朴訥な感じの祖父役が多いですね。

台詞は少なくても存在感があります。

またアリ好きの講師を演じる児嶋一哉さん(大島じゃない!)の樫野木(要潤)へのつっこみと画面いっぱいのアップがおかしいです!!

 

スポンサードリンク

 

再放送と視聴率

関西テレビの放送地域では16日の午後3時過ぎから初回の再放送をするというツイッターの報告がありましたが全国的にはわかりません。

FODで有料で動画配信中。

視聴率は第2回は6.1%と下がってしまいました。派手な展開の無いドラマなので高視聴率をとるのは難しいかも。さわやかな印象が残るドラマなんですけどね~~・・。

 

見逃し配信バナー

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す