僕らは奇跡でできている4話のネタバレあらすじは?感想とキャストについても


僕らは奇跡でできている第4話のあらすじネタバレ

 

スポンサードリンク

 

一輝(高橋一生)は、大学での授業中、学生の新庄(西畑大吾)が歯痛を訴えたため自分の通う育実(榮倉奈々)の歯科クリニックに連れていきます。

その時家政婦の山田から蒟蒻を買ってきて欲しいと言う電話が入り、一輝はスーパーによります。

 

そのスーパーにはたくさんの種類の蒟蒻が置いてあり、色も形も様々な蒟蒻に一輝は俄然興味を持つのでした。

そして次の日大学の授業を無断で休講にして、一輝はタクシーである目的地へと向かっていました。

 

しかし突然イノシシを見つけて一輝はタクシーを降ります。

イノシシはすぐに逃げてしまいましたが、荒らされた畑には転がった芋が。

 

一輝が拾い上げるとドロボーと言う声が聞こえました。

一方大学では事務長の熊野が、一輝が届も出さずに休講にしたことを怒っていました。

 

偶然そこにいた学生の須田(広田亮平)は琴音(矢作穂香)や新庄、桜(北香那)にその話をします。

その時新庄に実家から電話がかかってきて一輝が家にいると知らせるのでした。

 

訳が分からない新庄ですが、興味を持った琴音が新庄の実家に行きたいと言い出し、新庄は3人を自分の家に連れていくはめに。

そこでは蒟蒻を作る父親のそばでその様子を熱心に見ている一輝がいました。

 

どうやら一輝は泥棒と間違えられ、そのまま一輝の父親に蒟蒻屋である実家に連れてこられたようです。

でも蒟蒻芋から蒟蒻が出来るまでの過程を聞きながら目を輝かせる一輝に、父親はすっかり気を良くしたようです。

 

そして他の学生3人も蒟蒻作りを見学し、結局一輝達4人は新庄の実家に泊まることに。

一輝の本当の目的はオリオン座流星群を見に天文台に来たのですが、思わぬ蒟蒻作りの観察体験ができたのでした。

 

そして歯科クリニックの育実の方は、うまくいっていなかった恋人の鳥飼(和田琢磨)がクリニックを訪ねてくるのですが、鳥飼の携帯に着信した女性からのメールを見て育実は不機嫌になります。

せっかく次の日もデートしたのに素直になれず、別れを匂わせることを言ってしまい、鳥飼は落胆して帰ってしまうのでした。

 

けれども育実を雑誌に載せた編集者から、仕事で会った鳥飼が育実のことを自慢していたと聞いて、自分の考えの狭さに育実はまた自己嫌悪に陥るのでした・・。

 

僕らは奇跡でできている第4話の感想とキャスト

 

スポンサードリンク

 

天真爛漫な一輝は今回も騒動を起こしてしまいました!

しかし偶然拾った芋がきっかけで蒟蒻観察も出来、一輝が熱心に蒟蒻の話をしたことで新庄の両親も喜び、自分の父親の職業を嫌っていた新庄も少し蒟蒻の価値を見直すようになりました。

 

一輝は徐々に周りの人たちの心を変えていくようですね!!

一方育実の方は自分で自分の気持ちがうまく整理できず自己嫌悪ばかりです。

 

まだ育実には一輝の良さはわからないようですが、一輝の言葉で自分の有り様がはっきり捉えられる、そんなパワーを一輝に感じてきているようです。

そして住み込み家政婦、山田役の戸田恵子さん、一輝と育実のことをすっかり誤解している様子がおかしいですね。

 

またトリンドル玲奈さん演じる天然な歯科助手と、榮倉奈々さん演じるしっかり者の院長、育実のかみ合わなさも笑えます。

 

再放送と視聴率

視聴率は第4回は7.0%と0.8%アップしました!

最新話までFODでは動画有料配信中ですが、カンテレドーガだと最新話は無料配信中です。

見た後に優しい気持ちになるこのドラマ、是非たくさんの人に見て貰いたいですね!!

 

見逃し配信バナー

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメントを残す