朝ドラまんぷくのモデルは誰で原作は?ヒロインとあらすじについて


10月1日からはじまる、NHK99作目の朝ドラ「まんぷく」。

舞台となるのは、戦前戦後の大阪。何度も失敗を繰り返し、敗者復活戦を繰り返した後、あのインスタントラーメンの開発の成功を成し遂げた二人のお話です。

今回は朝ドラまんぷくの原作モデルはいるのか、ヒロインやあらすじはどうなのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

朝ドラまんぷくの原作とモデルについて

画像引用元:https://news.walkerplus.com/article/131392/

原作はありませんが、モデルは世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」の生みの親、日清食品の創業者、安藤百福(ももふく)さんと奥さまの仁子(まさこ)さん。(上の画像)

今は誰も知らない人がいないインスタントラーメンですが、その開発に行きつくまではとても大変だったそうです。

戦時中に空襲で工場を焼かれたり、憲兵に捕まり拷問されたり、戦後は脱税容疑でGHQに捕まったりと、とにかくどん底だった安藤夫婦がインスタントラーメンを作り、開発したのは40歳。

成功したのはなんと50歳だったそうです。

色々な事業を起こしては成功、失敗してきた百福さんがどういった経緯でインスタントラーメンの開発を思いついたのか、あの世界的に有名な「チキンラーメン」と「カップヌードル」はどうやって誕生したのか。

ドラマではどのように描写されるのか、想像するとワクワクします。

以前NHK朝ドラでヒットした、40過ぎるまではどん底だった「ゲゲゲの女房」をちょっと思い出します。

今回の「まんぷく」も夫婦で支え合い、困難を乗り切る姿が見れるのでしょうか。楽しみですね。

 

まんぷくのヒロインとあらすじについて

スポンサードリンク

「まんぷく」ヒロインの今井福子は三姉妹の末っ子、食べることが好きで、おおらかな楽天家。

後に出会う夫の萬平を強く支えて行きます。

演じるのは安藤サクラさん。

画像引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0098062

カンヌ受賞で話題となった「万引き家族」で海外からも高い評価を受けた演技派の女優さんです。

安藤さんは32歳でお子さんもいるので、ヒロインに決まった時は「ママさんヒロイン」と話題になりました。

本当は2017年にお子さんが生まれた時に育児に専念することを考えていたそうですが、ずっと長年夢見てきた朝ドラヒロインのオファーに、ご家族の勧めもあり、受けることに決めたそうです。

福子は安藤仁子さんというモデルはいるものの、やはり残っている記録が少ないので『関係者への取材は可能な限りしたものの、ほとんど架空の人物になる』そうです。

安藤サクラさんがどんな福子を演じてくれるのか、楽しみですね。

福子は青年実業家の立花萬平と運命的な出会いをし、恋に落ちて結婚します。

立花萬平はその発想力とバイタリティで製塩や栄養食品、金融業などなど、様々な事業を手掛けていきますが、成功しては失敗の繰り返し。

40過ぎて全財産を失うも、諦めずに新たな発明に取り掛かる……。

そんな萬平を演じるのは、長谷川博己さん。

画像引用元:https://dot.asahi.com/dot/2018053000008.html

「シン・ゴジラ」や大河ドラマに出演し、現在はNTTのCMに出演している売れっ子の長谷川さんですが、下積みだった時代が長くバイトをしながら舞台に出ていたそうです。

理不尽な思いも何度となくしたそうで、そんな所も萬平という役柄に少し重なります。

萬平のモデルとなった百福さんは亡くなった時にアメリカのニューヨークタイムズで追悼メッセージも出されたほど世界的に有名な方で日清の偉大な創業者ですが、90を過ぎてもキラキラと少年のような方だったそうです。

長谷川さんがどのような萬平を見せてくれるのか、こちらも楽しみです。

NHK「まんぷく」HPを開くと、笑顔でごはんを食べる福子と萬平の画像が出てきます。この二人がどんな運命で出会い、恋に落ち、そうして夫婦となり家族として支え合っていくのか、気になるところですね!

 

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す